目の疲れ肩こり解消

目の疲れからくる肩こりに効くファンケルの

780円で1ヶ月分が試せる公式サイト

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

目の疲れからくる肩こりを解消したい!

 

パソコンやスマホをずっと見ていると目が疲れて、肩こりや頭痛に悩まされることってありますよね。

 

そうなると仕事や勉強もはかどらなくなるし、体調も崩してしまいます。

 

目の疲れからくる肩こりを解消しようと、マッサージを受けても一時的な肩こりの軽減だけであまり効かないという方も多いようです。

 

 

目の疲れからくる肩こりで悩んでいる、こんな声が知恵袋などにも書き込みされているようです。

 

 

  • 目、首、肩こりが酷すぎて困っています。前から肩こりが悩みだったのですが、ここ3ヶ月ほどで急に悪化しました。今でも本当にしんどいのにこれ以上悪化したらどうなるのか怖いです。
  •  

  • 最近、肩こり、頭痛、目の疲れ、だるさを感じるんです。ひどい時は、吐き気がしてくることもあります。精神的な持続力も減ってきたことを自覚してきています。何か良い対処の仕方はありますか?
  •  

  • 目の疲れと肩こりが酷く悩んでいます。パソコンやスマホなどを見ていると姿勢が悪いせいもあるのか目がとても疲れます。仕事で一日中パソコンを使っているときは夕方になると目が充血して痛くなり、肩もこります。目が痛くなるのと肩こりをなんとかしたいと思っているのですがいい方法はないでしょうか?

 

目の疲れからくる肩こりの解消法には、目薬をさす、マッサージを受けるなどの解消法はありますが、どれも一時的なものでなかなか根本的な肩こり解消にはなっていないようです。

 

肩こり解消の市販薬もありますが、主に目の疲れが原因と考えられる方には、目の疲れを根本的に解消してくれるサプリの方がおすすめです。

 

ファンケルの目の疲れからくる肩こり解消サプリは780円で試せる

 

目の疲れからくる肩こり解消におすすめは、化粧品やサプリのメーカーとしては誰もが知っているファンケルの「スマホえんきん」というサプリです。

 

 

名前からしても目の疲れに効くイメージありますが、このサプリは目の疲れからくる肩こりにも効果があるといわれています。臨床試験をきちんとしている機能性表示食品で、消費者庁もきちんと認めているサプリで安心して飲むことができます。

 

臨床試験ではサプリを飲んで4週間で肩・首筋の状態が改善したという結果も出ているサプリです。

 

 

発売から1年で310万個も売れた眼精疲労サプリの中では、断トツで人気があります。

 

 

このサプリは、780円のお試しで1ヶ月分を試すことができます。

 

しかも無期限の返金保証付きなので、780円ですがもし効果が実感できなければ返金までしてくれます。やはりファンケルのような大手のメーカーで、効果にも自信があるからこそできるのかなと思いますね。

 

 

目の疲れからくる肩こりに悩んでいる方は、一度試してみる価値はありそうですよ。

 

なんといっても780円ですし、もしダメでも返金してくれるんですからね。しかも1ヶ月分しっかりあるので、その間に肩こりの悩みが解消できる可能性は、臨床試験の結果からも十分可能だと思いますよ。

 

 

このファンケルのお試しは、ファンケルの公式サイトのネット通販限定なので、ドラッグストアでは販売していません。

 

試してみようかなって方は、コチラのファンケルのお試し公式サイトから申し込むことができます。最短2日で届くそうです。

 






 

 

目の疲れの状態や年代によって、「スマホえんきん」と「えんきん」の2種類があります。

 







 

目の疲れと肩こりの予防と対策

 

肩こりの原因は目の疲れによる眼精疲労だけではありませんが、パソコンやスマホを見る時間が長い場合は、目の疲れが肩こりの原因になっていることもあります。

 

目が疲れてくると、目がかすみ視力も低下するので、それに伴って姿勢も悪くなるので、肩や首の筋肉が凝るというように悪循環になってしまうので、目が疲れないようにしましょう。

 

肩こりの予防と対策

 

  • 姿勢を正しくする
  • 自分に合った枕や寝具を選ぶ
  • 長時間の同一姿勢をさける
  • 肩を冷やさない
  • パソコンのディスプレイを長時間見続けない
  • 片方だけの肩を酷使しないようにする
  • 適度な運動を日常的に行う
  • 首や肩関節周辺のストレッチングを行う

 

目の疲れの予防と対策

 

  • 適切なメガネ、コンタクトレンズをする
  • 十分に睡眠をとる
  • パソコンのディスプレイを長時間見続けない
  • 目の休息を心がける
  • 悪い姿勢で読書などをしない
  • 読書時やパソコン作業時に合った照明を選ぶ